読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オタク道を進め!

マニアックになれる!情報を頑張って話していきたいです!

表裏ある登場人物達の駆け引きのドラマチックさ!!王道で正統派である歴史ものでの意欲的挑戦ドラマだった!

f:id:akiranran268:20160622123930j:plain

こんにちは!

今回は去年大人気だった真田丸の面白さをもう一度お話ししたいと思います!

 

実は私は去年の真田丸の前半~中盤は見ていなく、後半の真田幸村に名前が変わったところから視聴したんですけど、いままで一度も大河ドラマをお年寄りがみるつまらないものだと思っていたものが一変しました!

リアルタイムで見ることができなかったので、動画配信サービスサイトと契約して初めからドラマを追ってみてみると、実は私が見始めた後半の盛り上がりの部分もそうなんですけど、一話からいきなり面白かったです!

 

私のように真田丸を見て歴史ドラマにハマった人も大勢いると聞きます!

ではなんでこんなに真田丸が面白かったのか自分なりに分析してみましたのでよかったら見ていってください!

 真田丸が面白かったわけ

 

1.王道と邪道が共生している。

 これは、NHKはもっと硬いイメージが私の中であったのでとてもびっくりしました。普通ドラマは、人情があり利他的な行動によってドラマが展開していく王道の物語で作られるものが多く、ましてやNHKの作るドラマは人情の王道物語だと思っていました。

 

 しかし一話を見ると、いきなり本音と建前が入り混じった騙し合いに勝ってのし上る

邪道の物語だったので、水戸黄門のようなお決まりのパターンのような最後に丸く収まるタイプの時代劇を想像していた私はそこで一気に面白いと持っていかれました(笑

 

 ですが、邪道だけでなく人の道に則した王道のドラマも後半に兼ね備えているところがこのドラマの凄さでもあります!

 

2.歴史モノなのに難しい人物関係を気にしなくても楽しめる。

 これも上記の理由に加えて真田丸から歴史ドラマの間口を広げることが出来た理由になったと思います。特によく取り上げられる武士の時代は、例えば徳川や豊臣など「一族」同士での争いや駆け引きのドラマがあるため、大きな家族間の人物相関を知っておくこと、誰の子供や誰の正室など特に有名な「江」や「茶々」「お市の方」など家族間でのドラマが多い人物が取り上げられることが多く、劇中での説明も不親切な場合が多いので、私たちが歴史モノのドラマから遠ざけることになっていました。

 

 ですが、真田丸の面白さはドラマ展開の面白さであり、裏で操る「おじさん」たちのカッコよさあるいは悪さがみる人を引き付けるのであって知識はなくてもついていけます!しかし、知識を付けてもう一度見るとあぁ~そうだったのかという場面も多いのが真田丸の良い所でもあります!2度楽しめます!

 

3.あえて語らない演技の凄さ。目の演技!

 これが凄い!!!真田丸はほかのドラマにある説明台詞のようなものを言いません。登場人物の感情はその人の立ち振る舞いや目にすべて現れます。まるで小説のようです!

 

以上3点が私が面白いと思った理由でした。

あてはまる項目を参考にして作品を選べばほかにも隠れた名作を見つけられるはずと私は自信をもって真田丸とこの評価基準もオススメします(*_*)

 

それでは今回はこの辺で~($・・)/~~~